本日は起業をしたいという二人がGARAGE KAGURAZAKAに来てくれました。

なぜ起業を志す若者がGARAGEにと思った方は多いと思います。

僕も不思議に思ってます。

こんな僕にアドバイスできる事あるのかなあと終始不安でしたが、良いアドバイスができたかは別として、すごい楽しい話ができたし、仲良くなれたので僕としては楽しい時間でした。

こうやって、アーティストだけではなく、人が集る場所を作る事がGARAGEを始めたきっかけだったので、こういう方々が訪ねて来てくれるのは本当に嬉しいです!

GARAGE KAGURAZAKAのコンセプトにも掲げていますが、

『夢への一歩を応援する』

これは本当に行動指針になっています。

偉そうな事は言えませんが、日本は何をするにもハードルが高すぎます。

仕事をおこすにも、アーティストとしてお金を稼ぐのも、その本質が見えなくなってしまうような、壁と雑音が多すぎると思います。

出資してくれる人を探せとか、会社を作れとか、事務所を探せとか、全てを投げ捨ててやれとか、コンテストに出ろとか、とかとか。

リスクをとる事が、成功への一歩みたいは風潮は僕はあまり好きではありません。

GARAGE KAGURAZAKAはアメリカのそうそうたる起業家の歩みでもある、ガレージ(車庫)から始めるスタートアップというやり方に憧れ、そんな場所を作りたい思いGARAGEという名前をつけています。

わかりやすくまとまっているサイトをご紹介します。

【GoogleもAppleもAmazonも】ガレージで始めたスタートアップ起業が成功しやすい3つの理由

僕が書くよりも、わかりやすく素晴らしくまとまった記事なので是非読んで見てください。

 

GARAGE KAGURAZAKAは実際に物件自体が元々車庫だったので本当にガレージで、それもあってこの場所で始めました。

天井が低く、半地下なので冬は寒くてお客様には迷惑をおかけしています。

それでも、元々ガレージだった場所でGARAGEから始まる夢の一歩というストーリーは僕の中で外せないポイントなのです。

お店を始めたいならまずは店舗を借りずにGARAGEでやってみてファンを増やしたり。

趣味の延長で、会社に勤めながら作品を作って人に見てもらったらり。

夢への一歩だったり、夢への道のりを応援できる場所でありたいと思っています。

そんな場所作りを目指す以上、GARAGE KAGURAZAKAから夢を叶えた人を輩出していくという目標もあるので、関わってくれた人はずっとずっと応援していきます。

展示の相談だけでなく、夢を叶えたい人、夢を探している人、夢を応援したい人

本当に気軽に遊びに来て下さい!

夢について語る時間程楽しい物はないです。

ちょっと暑苦しい人間が運営してますが、自分の思想をブログで発信していったら、自分と同じような考えの人が集まるし、その方が自分が心から応援できる人が集まるので、これからもこんな感じでやってきます。

余計なお世話だよとか、既に有名だしとか、あまり干渉されたくないなあっていう人は、他にもギャラリーはたくさんあるので、自分にあったギャラリーを探してみて下さい。

絵の上手い下手、写真の上手い下手、作品の良し悪し、商品の良し悪し

そんな事よりも熱量の方が大事

今回熱いな〜

GARAGE KAGURAZAKA あっっちゃんでした。